aboutsummaryrefslogtreecommitdiff
diff options
context:
space:
mode:
authorTsugikazu Shibata <tshibata@ab.jp.nec.com>2009-01-23 09:59:50 +0900
committerGreg Kroah-Hartman <gregkh@kvm.kroah.org>2009-01-28 15:55:48 -0800
commit720893fd5fb6de1f752f816a89e630f08ae8b20a (patch)
tree86c4e462fcbc8ca5a8a8befb8accbeda2938ae32
parent18e352e4a73465349711a9324767e1b2453383e2 (diff)
downloadlinux-linaro-stable-720893fd5fb6de1f752f816a89e630f08ae8b20a.tar.gz
Sync patch for jp_JP/stable_kernel_rules.txt
Updated jp_JP/stable_kernel_rules.txt due to changes in the main version of the file. Also, this patch is already reviewed by Japanese translation community called JF. Signed-off-by: Tsugikazu Shibata <tshibata@ab.jp.nec.com> Signed-off-by: Greg Kroah-Hartman <gregkh@suse.de>
-rw-r--r--Documentation/ja_JP/stable_kernel_rules.txt15
1 files changed, 10 insertions, 5 deletions
diff --git a/Documentation/ja_JP/stable_kernel_rules.txt b/Documentation/ja_JP/stable_kernel_rules.txt
index b3ffe870de33..14265837c4ce 100644
--- a/Documentation/ja_JP/stable_kernel_rules.txt
+++ b/Documentation/ja_JP/stable_kernel_rules.txt
@@ -12,11 +12,11 @@ file at first.
==================================
これは、
-linux-2.6.24/Documentation/stable_kernel_rules.txt
+linux-2.6.29/Documentation/stable_kernel_rules.txt
の和訳です。
翻訳団体: JF プロジェクト < http://www.linux.or.jp/JF/ >
-翻訳日: 2007/12/30
+翻訳日: 2009/1/14
翻訳者: Tsugikazu Shibata <tshibata at ab dot jp dot nec dot com>
校正者: 武井伸光さん、<takei at webmasters dot gr dot jp>
かねこさん (Seiji Kaneko) <skaneko at a2 dot mbn dot or dot jp>
@@ -38,12 +38,15 @@ linux-2.6.24/Documentation/stable_kernel_rules.txt
- ビルドエラー(CONFIG_BROKENになっているものを除く), oops, ハング、デー
タ破壊、現実のセキュリティ問題、その他 "ああ、これはダメだね"という
ようなものを修正しなければならない。短く言えば、重大な問題。
+ - 新しい device ID とクオークも受け入れられる。
- どのように競合状態が発生するかの説明も一緒に書かれていない限り、
"理論的には競合状態になる"ようなものは不可。
- いかなる些細な修正も含めることはできない。(スペルの修正、空白のクリー
ンアップなど)
- - 対応するサブシステムメンテナが受け入れたものでなければならない。
- Documentation/SubmittingPatches の規則に従ったものでなければならない。
+ - パッチ自体か同等の修正が Linus のツリーに既に存在しなければならない。
+  Linus のツリーでのコミットID を -stable へのパッチ投稿の際に引用す
+ ること。
-stable ツリーにパッチを送付する手続き-
@@ -52,8 +55,10 @@ linux-2.6.24/Documentation/stable_kernel_rules.txt
- 送信者はパッチがキューに受け付けられた際には ACK を、却下された場合
には NAK を受け取る。この反応は開発者たちのスケジュールによって、数
日かかる場合がある。
- - もし受け取られたら、パッチは他の開発者たちのレビューのために
- -stable キューに追加される。
+ - もし受け取られたら、パッチは他の開発者たちと関連するサブシステムの
+ メンテナーによるレビューのために -stable キューに追加される。
+ - パッチに stable@kernel.org のアドレスが付加されているときには、それ
+ が Linus のツリーに入る時に自動的に stable チームに email される。
- セキュリティパッチはこのエイリアス (stable@kernel.org) に送られるべ
きではなく、代わりに security@kernel.org のアドレスに送られる。